プロミスだけに限ったことではありませんが、
キャッシングの申込み後には一次審査と二次審査と呼ばれるものがあります。
それぞれどう違うのかと解説していきますね!

一次審査で見るのは情報の真偽や返済能力

一次審査と聞くと最初の軽いステップくらいに思うかもしれませんがかなり重要であり、全くライトなものではありません。
普通にシビアに判断されると思ってください。
とは言っても今の状況をそのまま伝える(入力する)だけではあるんですけどね。

まず申し込み者であるあなたのお名前や年齢、住所と言った基本事項、
そして勤務先の情報と年収、他社での借り入れ状況を教えます。

プロミスではそれをもとに

  • 返済能力の有無
  • 信用情報の履歴
  • 申込内容に嘘が混じっていないか

をチェックし、問題がなさそうなら一次審査をパスとなります。

特に返済能力の有無って一番ヘビーな重要な部分を見ていると思いませんか?
そうなんです、偽の情報が無いことを前提に考えれば、この一次審査ってほとんど本審査を同じようなものなんですよね。
それくらい重要な位置づけの審査になっています。

また返済能力を見る上で基準になるのが年収とそれに対しての借入額のバランスですね。
今はキャッシング界では総量規制がかかっており、年収の1/3までが貸してもいい額とされていますのでそれを基準にキャッシング枠が決まってくるわけですね。
なのでご自身でもざっくり、自分はいくらまで借りられるのかは事前にわかるはずです。
尚、プロミスでのこの一次審査は最短30分くらいなので圧倒言う間に審査回答は得られますよ!

二次審査に入る前に・・・

一次審査が無事通過すればお次は二次審査ということになるんですが、
それに際して必要な書類の提出を求められますので準備をして送りましょう。
と言っても写真を撮ってメールやアプリで送れるので最近のキャッシング事情は凄く簡単なんです。

一次審査通過後に提出する必要書類

まずは本人確認書類であり、これは運転免許証でけっこうです。
免許がない人はパスポートで代用し、それが無い場合は健康保険証と住民票のセットを用意してください。

そしてもう1点、収入証明書が必要となりますが、
これはプロミスでの借り入れが50万円以上を希望、
もしくは希望額と他社借入額の合計が100万円以上になる場合に提出を求められます。
逆に言えばそれに当てはまらない場合は原則として収入証明書は要りません。

収入証明書としてして使えるものなんですが、

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
    ※賞与がない場合は提出不要
  • 確定申告書

のいずれかを用意してくださいね!

プロミス二次審査の内容とは??

二次審査では先ほどまとめた要提出書類に沿って本人確認が行われます。
また収入もわかるのでそれに応じていくらまで借せるかの判断もされます。

また勤務先への在籍確認もこのタイミングで行われますので憶えておきましょう(これも本人確認の1つ、ですね!)。
どうしてもそれには抵抗がある!という方もいると思いますが、
在籍確認のないキャッシングはあり得ませんのでこれはしょうがないです。

ですがプロミスからは個人名で電話が行きますし、
もしそれを怪しく思って突っ込んでくるような同僚や上司がいた場合、
クレジットカードを申し込んだのでそれの確認電話でした~くらいに行っておけば何の問題もないでしょう。
中には個人から電話が来るなんてそうそうない会社、部署もあるでしょうから、それくらいの準備をしておくに越したことはないですよね!