プロミスに申し込むにあたっては収入証明書が必要になる場合とそうでない不要なケースもあります。
ほとんどの方が収入証明書を出さないとダメと思っているかもしれませんが、必ずしもそうではないんですね。
また最初は提出不要であってもあとから提出を求められる場合もあったりするので、このページではその決まりや基準についてまとめておこうと思います。
尚、プロミスへの申込みが紺かい初めて!という方の場合、まずは自分がいくら借りようとしているのか、という点だけチェックすればそれで解決かな、と思います。

収入証明書を出さないといけないケースとは?

これについてはズバリ結論を言うと

  1. プロミスで借りたい額が50万円以上である
  2. もしくは他社からの借り入れにその希望額を足すと100万円以上になる

という、いずれかのケースに該当する場合にですね。

逆に言えば上記に該当しなければ身分証明書だけで審査OKとなる可能性も大いにあるため、
最初の敷居がグッと下がりますよね。

他社からの借り入れは消費者金融に限定される

ちょっと意外かもしれませんが、他社から借り入れについてはあくまでプロミスと同業の消費者金融からの借り入れに限定されています。銀行でもカードローンサービスをよくやっていますが、それについては対象外として考えて良いんですね。なんか何なの~って感じもしますが、これは銀行のカードローンが貸金業法の総量規制の対象になっていないからなんですね。

そもそも総量規制というのはその人の収入に対して無理なキャッシングをしないようにするための規制です。普通に考えたらどこから借りているかなんて関係なくトータルで考えたほうが良くない?って思っちゃいますが、不思議なもんで対象は限定されているんですよね。一体なぜかはわかりませんが、たぶん消費者金融業界から反対や抵抗があったんでしょうね(^_^;)

尚、プロミスで申し込みをする際に出てくるメッセージでもこのような表記があります。

※クレジットカードでのショッピング、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなどはお借入れに含まれません。

家や車はローンを組んで買う方が圧倒的に多いわけですが、それもカウントしなくていいので安心ですね!というかそれも含まれるなら大半の方がお金を借りることができなくなるので大変になっちゃいますね。

収入証明書として認められるものは何?

以下がプロミスで申し込みを行う際に認められる収入証明書となります。

  • 給与明細2か月分(+賞与証明書)
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書・所得(課税)証明書

この中で一番簡単なのは給与明細だと思います。
ですが2か月前のものまで持っているか、というとちょっと微妙ですよね。
もしなければ1か月待ってから申し込みしてもいいかもしれません。
そしてボーナスがない場合のその分の証明書(明細)はないので提出の必要はありません。

また年末年始だったり律儀な人は源泉徴収票をお持ちでしょうからそれを提出すれば一発です。ボーナスとしてもらった分も込みの収入がわかるのでこの紙1枚で済んで非常にスマートですね!
尚、源泉徴収票は1回だけの発行かと思いきやそんなことはありません。別に何度でも出してもらえます。心配なのは会社の総務とか経理の人にキャッシング申込みを疑われるかも?ってことかと思いますが、車を買ったり家を買ったりする前の事前審査で必要な方もいっぱいいますし、別にキャッシング用途だとバレることはありませんね。

確定申告書や税額通知書については役所や税務署に行ったりしないとダメなのでけっこう面倒ではあります。
出来れば給与明細や源泉徴収票を用意してサクッと終わらせられたらベストですね!

え?再提出パターンもあるの??

プロミスで申込みをしてその後に総量規制の対象となるような借り方になると再提出を求められるかもしれません。
例えば最初は30万円だけだったのが合計で70万円の借り入れを希望したり、
他社との合計であとから100万円を超えてきそうになった場合などですよね。

また収入証明書が発行された日から3年以上が経過した場合にもプロミスへの収入証明書の再提出が求められます。
お金を借りて3年後ってけっこう先なので既に返済し終わっている可能性も高いとは思うんですが、その時点でまだ借り入れがあったら収入証明書を準備することになります。

収入証明書の提出方法はどういうのがあるのか

今はネット世界ですからかなりアナログな方法が主流になってきています。
プロミスへの申込み自体が当サイトおすすめの方法でもあるようにWEB申し込みがベストです。
その流れで収入証明書を出す場合は写真を撮ってのメール添付送信かアプリ内での提出となります。

またアナログではありますが郵送、FAX、直接窓口に来店して、という方法もありますが、
その辺は時間もコストもかかるので正直おすすめではありませんね。
ただそうは言ってもデジタルなものに疎いかたもいなくはないでしょうから、そういう方は直接プロミスコールに電話してオペレーターの方から聞くのもいいと思います。
プロミスコールはフリーダイヤルで0120-24-0365に電話すればOKです。