当然審査には通ると思って申し込んだプロミス、、、でも蓋を開けてみたらまさかの審査落ち!

まぁプロミスで落ちるって方は少数派だとは思うんですが、
他の消費者金融で審査する時にまた落ちる可能性もありますし、
これを機に自分の審査が通らない理由をある程度絞り込んでおくことをおすすめします。

プロミスの審査で落ちたらこれを疑え!

そもそも基準を満たしていない可能性

年齢と勤務の状態に関して以下のように基準が設けられているんですがご存知でしょうか?

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。

主婦でも学生でも借りられる!というアピールもされていますが、
大事なのは安定した収入があるかどうかです。
アルバイトもしていないガチの主婦や学生さんだとそれだけで一発アウトになるんですがあなたは大丈夫でしょうか。

嘘の情報を書いてしまった

打ち間違いではなく故意に虚偽の情報を入力してしまうケースもあります。
特に会社への在籍確認を避けたくてそこでついつい嘘を書いてしまったり。

異なる情報だと在籍確認が絶対にできませんし、
明らかに虚偽記載だと人間性を疑われて訂正したとしても受け付けてくれない可能性もあります。

どんな情報でもそうですが、間違いはしょうがないにしても嘘はダメです。
特にキャッシングは信用に基づいたサービスなのでこういうのは致命的になってしまいます。

既に複数社から摘まんでしまっている

他の会社から借りていること自体は問題ではありませんが、
今は総量規制で年収の1/3を超える金額を貸せない決まりになっています。

そのため、今回のプロミスでの希望額でそのバーを越えてしまいっていると、
その時点で審査も何もあったもんじゃありません。

逆に言えばそういう状態だとちょっと危険水域にいるわけですから、
新たな借金よりも今の見直しをしたほうがいいでしょう。

審査を連発する申込みブラック状態になっている

一気に複数の消費者金融に申込みをしている状態だと、
こいつ何か変だな?と思われていわゆる「申込みブラック」になってしまいます。

実はあなたがキャッシングの申込みを行ったことは信用情報機関に登録され、
どの消費者金融も照会さえすれば知ることができるんですね。

複数社に審査依頼していると、どうしてもお金が必要な状況で首が回っていないのではないか?
という勘違いをされやすくなって、結果審査落ちに繋がる可能性が高まります。

これはキャッシングの場合のみならず、
例えは住宅ローンでもたくさんの銀行に審査をしてもらっていると稀にこうなることがあるんですよね。

ブラックリストとして認定された

お金を借りて返済を延滞してしまった場合など、それが事故として信用情報に載ってしまいます。
これがブラックというやつですが当然審査で落ちます。

ですが普通は簡単にブラックにはなりません。
返済が遅れるにしても3回以上遅れたことがある、
自己破産、任意整理をしたことがある、
など、それなりのことをしないとブラックとはみなされないはずなんです。

うっかり系で言えばクレジットカードの利用額の引き落としが残高不足で出来なかった場合でしょうか。
これが何回かあるとブラック認定される可能性はあるんですよね。
過去にそんなこと、ありませんでしたか!?